内科・外科

成人の内科・外科診療

当院では内科・外科疾患ともに過剰な診療を避け、必要最小限の医療を提供することを診療理念としております。内科疾患では必要最小限の検査・投薬を心掛け、外科疾患では侵襲を極力避け、痛みが少なく治りの早い治療を目指しています。熱傷・外傷・巻き爪などの治療例は当院旧サイトの医療情報でご覧になれます。

こんな症状はありませんか?
  • 転倒などで大きな擦り傷ができた
  • やけどをした 
  • 包丁やスライサーで指を切った
  • とげが刺さった
  • 巻き爪が食い込んで痛い
  • 爪の周囲が炎症を起こしている
  • 爪の形がおかしい

※ 骨折は診療対象外です。

よくあるけが

やけど・外傷

当院では、やけどや皮膚欠損を伴う外傷に対して「湿潤療法」を実施しております。湿潤療法とは、傷の表面が乾かないように患部を皮膚の保護材などで覆い、再生のスピードを高める治療方法です。

 

従来は患部を消毒してガーゼを当てる方法が普及していましたが、この方法は消毒薬がしみたり、ガーゼが乾いて皮膚に張り付いてしまったり、さらに治りも遅くなったりと、デメリットが大きいのです。

 

人の皮膚の細胞は、乾いた環境よりも湿った環境の方が再生のスピードが上がります。また、傷から出る黄色っぽい液には傷の治療に役立つ重要な成分が含まれているため、乾かさないほうが早く治るのです。従来の治療法で消毒薬を使っている目的は細菌感染対策ですが、実際には細菌を完全に殺すことは不可能であり、細菌がいても傷は治るので無意味であるばかりか、人の細胞にもダメージを与えて傷の回復の妨げになってしまうので、我々は消毒薬を使いません。

 

湿潤療法を受けられる医療機関は限られています。ご希望の方は当院までご相談下さい。

 

  • 市販されている湿潤療法の治療材

湿潤療法提唱者の夏井睦医師が開発に携わった、瑞光メディカルの創傷被覆材「プラスモイストP」が調剤薬局で購入できます。当院付近では、「おぎの薬局」で取り扱いがあります。価格は薬局にお問い合わせ下さい。

巻き爪・陥入爪

巻き爪とは、爪の先の両側が内側に巻いた状態のことです。一方、陥入爪とは爪の角が皮膚の中まで刺さってしまい、炎症を起こした状態を言います。当院では保険診療の他、独自の爪の処置による矯正治療(自費診療)も行なっております。

保険診療

爪の切り方やテーピングを指導いたします。手術が必要な場合は、手術後の痛みが比較的少ない「フェノール法」を採用しております。爪が食い込んだ部分を根元から切って除去し、フェノールという薬液を爪の元(爪母)に塗布して爪が生えてこないようにします。縫合はしないため術後の苦痛は従来法よりも軽減されます。ただし爪の幅が狭くなりますので、あまり細い爪の方にはお勧めしません。

 

矯正治療(自費診療)

より高い治療効果を得るために、従来のワイヤーやプレートなどの矯正器具に独自の爪処置を併用した治療を行なっております。治療費は使用材料により異なりますが、爪1本につき約3,000〜5,000円(税別)です。

※これらの治療は予約制です。ご予約がないと治療材料の在庫が無い場合もあります。

切り傷

成人健康診断

当院で対応可能な成人健康診断

・杉並区民健康診査

(特定健診・後期高齢者健診・成人等健診・肺がん検診・前立腺がん検診・大腸がん検診)

・顧入時健診 など

※杉並区民健康診査および血液検査を要するその他の健康診査は予約制です

当院で可能な検査

・胸部・腹部単純X線検査

・腹部超音波検査

・血液・尿検査(外注 一部院内)

・視力・視覚検査

・聴力検査(オージオメトリーあり)

患者様ご自身の治癒力を手助けする医療を

当院では、余計な検査・投薬・処置は行わず、本来の自然な回復力をサポートするシンプルな診療を心がけております。

  • tel_03-3395-3602
  • オンライン予約

患者様ご自身の治癒力を手助けする医療を

当院では、余計な検査・投薬・処置は行わず、本来の自然な回復力をサポートするシンプルな診療を心がけております。

  • common_tel_sp.png
  • オンライン予約