柿田医院ブログ

2018.02.09更新

この時期お子さんの皮膚トラブルのご相談が多いのですが、体の洗いすぎを改めてもらうだけで快方に向かう事が少なくありません。もともと皮膚や消化管には常在菌(いわゆる善玉菌)がいて、長い歴史の中で人間と共生関係を保っているという考え方があり、旧友仮説と呼ばれています(図1)。

旧友仮説

皮膚の場合は常在菌がいるおかげで病原菌(悪玉菌)がつきにくくなったり、皮脂成分の調整にも一役買ってくれており、皮膚のバリア機能の重要な担い手です(図2)。

常在菌

ところが現代では清潔志向が優先し、皮膚炎が生じると不潔なためだと思い一生懸命体を洗って、物理的な刺激でバリアを壊し善玉菌もやっつけてしまい、皮膚が乾燥してしまうのです(図3)。

バリア破壊

乾燥するとかゆくなり引っ掻いて傷ができます。その傷に悪玉菌が付いて繁殖するのが伝染性膿痂疹(トビヒ)です。最近では皮膚の傷がアレルギーの原因になるという考え方も出てきています(図4・5)。

二重曝露

説明図

 

 食べ物が口から正常なルートで摂取された場合は、腐っていたり毒でなければ何も問題は起きず、これは今後も食べて大丈夫なものであると認識されます(耐性誘導)が、肌荒れの傷などに食べ物が付着すると異常なルートからの不法侵入者としてマークされ(感作誘導)、次からは口から入った場合にも異物として認識されてアレルギー症状が起こるという考え方です。数年前話題になった「茶のしずく石鹸」事件(外部記事)は石鹸に入っていた小麦成分が皮膚から感作され、小麦に対する食物アレルギーが生じたものと考えられています。皮膚のトラブルは、このように他の病気の原因にもなりますので、お子さんの肌がカサカサしている場合は放置せず、ひどくならないように体の洗いすぎを改めてもらったり、保湿剤の塗布を開始することをお勧めします。湿潤療法の私の兄弟子の岡田清春先生は以前から洗いすぎないスキンケア(外部記事)を提唱しておられます。

投稿者: 柿田医院

2018.02.09更新

ポケトーク

ソースネクスト社のポケトーク

超優れモノです。自分や相手の話した言葉をクラウドで変換して数秒で翻訳文を表示・発音してくれます。スマホアプリより対応言語が多く(50か国語以上)、聞き取り・翻訳精度も高いと思います。主語や目的語をはっきりしないと変な文になることもありますが、そこだけ気をつければ十分使えます。当院は英語圏でない外国の患者さんが結構いらっしゃるので大変重宝しています。東京オリンピックの時にはボランティアさんなんかが持ってれば便利そう。なんとうちの患者さん(のお父さん)がこのCM(未放映)に出たと言っておられました。

投稿者: 柿田医院

2018.02.07更新

冬場になると低温やけどの患者さんが増えてきます。酔っ払ってヒーターの前で足を温めながら寝ちゃったという人もいますが、一番多い原因は湯たんぽです。特に下腿前面のいわゆるムコウズネは鈍感なためか、熱くてもすぐに気がつかず受傷部位として最多です。低温やけどは見た目より深く、1日目はたいしたことが無いようでも実は皮膚が壊死していて、3-4日目には黒くなって死んだ部分がはっきり分かってきます。従来の治療で消毒ガーゼを使うと、この死んだ皮膚が乾燥してミイラ状になり脱落せず、無駄な通院を長期間繰り返し最後には皮膚移植ということになります。湿潤療法では壊死した皮膚は白く軟らかくなり徐々に融けて脱落して、その部分に肉芽組織が出来て周りから皮膚がはってきて治ります。これまで30例ほど低温やけどに湿潤療法を行ない植皮になった例はありませんが、それでも2-3ヶ月かかりますし、痕も残り、毛穴や皮脂腺もダメージを受けるので、毛も生えずカサカサになり長期間の保湿が必要になることもあります。湯たんぽは寝るしばらく前に入れておいて、寝るときには外すようにしてください。当院の治療例(旧サイト)

 

投稿者: 柿田医院

2018.01.13更新

数日前に新サイトを公開しました。旧サイトでは自分でHTMLを手書きしていましたが、スマホ対応の適正化が難しく外部委託にしました。旧サイトの方がシンプルで見やすいというご意見もありますので、閉鎖せずに残してあります。新サイトの文章はインタビューをもとにライターさんが起こしてくれたもので、ニュアンスが微妙な部分は少しずつ自分で直していくつもりです。診療理念に「自然治癒力を高める」とか「患者さん自身の回復力を助ける」というワードが出てきますが、湿潤療法の提唱者で私の師匠の夏井睦先生は「自然治癒力」という言葉がお嫌いです。自然のままに放っておいたらなかなか治らないケガを、いろいろ苦労の末により早く回復させる治療を考案したのであって、「自然治癒」という言葉に違和感を覚えるとのことです。とは言え他に簡単でキャッチーな言葉も見つからず、余計なことはせずに回復に適した環境を積極的に提供するという意味でここではあえて使っています。この診療理念は外科疾患に限らず、内科疾患でもカゼの際の咳止め・鼻水止め、下痢の時の下痢止めなどをやたらと使わないという考え方にもつながります。プライマリケアに携わる者として、余計なことをしてこじらせて更に追加の治療が必要になるマッチポンプのような医療行為は避けたいというのが最大の思いです。

投稿者: 柿田医院

2018.01.05更新

本年もよろしくお願い申し上げます。

もも:ポメラニアン♀7歳 ちょこ:チワワ♀4歳

ももちょこ

 

 

 

投稿者: 柿田医院

2017.11.14更新

ホームページをリニューアルしました。今後ともよろしくお願いします。

 

投稿者: 柿田医院

患者様ご自身の治癒力を手助けする医療を

当院では、余計な検査・投薬・処置は行わず、本来の自然な回復力をサポートするシンプルな診療を心がけております。

  • tel_03-3395-3602
  • オンライン予約

患者様ご自身の治癒力を手助けする医療を

当院では、余計な検査・投薬・処置は行わず、本来の自然な回復力をサポートするシンプルな診療を心がけております。

  • common_tel_sp.png
  • オンライン予約